忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 05:11 】 |
ボッテガ・ヴェネタ プールオム
ボッテガ・ヴェネタのクリエイティブ・ディレクターであるトーマス・マイヤーは、シグネチャーとなるメンズフレグランス、「ボッテガ・ヴェネタ プールオム」を作る際に、ヴェネト地方を北上すると見えてくる白雲石に囲まれた地への旅を思い浮かべました。豊かに生い茂った山の牧草地に農家がたたずみ、まるで田園風景に逃避したかのようです。家の中はパイン材があしらわれ、大きく開け放たれた窓からは氷河により冷やされた空気と混じりながら、野生アイリスのアクセントがきいた干し草、モミの球果、松葉のそよ風が近くの森からただよっています。作り付けの木製のベンチは、年月とともに美しく味の出たレザークッションにより心地よさを増し、そこには男性が座っています。

「ボッテガ・ヴェネタ プールオム」はフレッシュで、魅力的かつ控えめなフレグランスです。ボッテガ・ヴェネタ フレグランスの特徴的なノートであるプレシャス・ラブダナム、バルサムモミ、ベルガモットが、官能的なレザーの香りにブレンドされています。貴重でノーブルな香料で織り成すウッディかつアロマティックなレザリーな香りは、時空を超えた刺激的な旅へと私たちを誘います。

まるで、自分の都会での忙しない日常生活とこれから待ち受ける登山旅行とのはざまのささやかな休憩をとっているかのようです。この情景は、無骨なセンシュアリティと控えめな知性が見事に溶け合い、直ぐに忘れることのない記憶のように惹きつけられ、心の中を占有します。
PR
【2014/12/18 12:52 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>