忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 05:10 】 |
彼女は「彫刻家」と呼ばれていた
1932年、自身の名を冠したメゾン「ニナ リッチ」をパリにオープン。ニナ リッチの服作りは独特で、デッサンを行なわずに、服地を直接に顧客の身体の上にかけながら、ドレープを寄せ、カットを施した。その手法から彼女は「彫刻家」と呼ばれていた。ニナ リッチ(Nina Ricci)の2014-15年秋冬コレクションがアーティスティックディレクターのピーター・コッピング(Peter Copping)がインスパイアされたのはインテリアの装飾。アールデコ調や花々のモチーフを、リュクスな素材で仕上げたワードローブは、この上なく優雅なオーラを漂わせる。パレットは、上品かつセンシュアリティを感じさせるものをセレクト。ブラックやグレーといったベーシックな色合いに、ボルドー、ガーネット(暗赤色)、パープルをミックスしているほか、時折ホワイトやパウダーピンクを差し込み、ピュアな一面をアピールした。アメジスト色のブロケードのセットアップは、薄手のシフォンのカットソーをインナーに選び、厚みのある生地と対比させる。また黒のロングドレスには、アシンメトリーに繊細なレースを使用。アップリケの花々が肩や腕にまで伸びて咲き乱れる様子は、うっとりするほど美しく、観る者を魅了したに違いない。
PR
【2014/03/20 10:00 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>